資料請求に関するお問い合わせ
総合医療保険Mタイプ
0120-789-501
(通話料無料)
資料請求
無配当総合医療保険(保険料払込中無解約払戻金型)
ケガ・病気へのそなえ
資料請求(保険商品)
パンフレットを見る(PDF)
注意喚起情報・ご契約のしおり(全商品共通)を見る(PDF)
約款(全商品共通)を見る※(PDF)
※(平成29年4月3日現在)

. 総合医療保険Mタイプ 特約について おすすめプランと保険料 ご利用できる主な制度

保障内容のご説明

  1. 医療保障重点型の保険
    死亡保障と保険料払込期間中の解約払戻金をなくした医療保険です。
    約款所定の高度障がい状態または不慮の事故による所定の身体障がい状態になられたときは、以後の保険料の払込が不要です。

  2. 給付金の種類または1入院の支払限度日数に応じ、3つの型から保障を選択可能
      災害入院給付金・疾病入院給付金の1入院の支払限度日数
    標準型 60日
    180日入院保障型 180日
    特定疾病長期入院保障型 60日(特定疾病入院給付金の1入院の支払限度は1,095日)
    日帰り入院を含む1日以上の入院から保障します。
    (「日帰り入院」とは、入院日と退院日が同一の日である場合のことで、医療機関への入院基本料の支払有無などを参考にして大同生命が判断します。)

    災害入院給付金
    不慮の事故による傷害の治療を目的として、その事故の日から180日以内に入院した場合にお支払いします。
    疾病入院給付金
    疾病の治療を目的として入院した場合にお支払いします。
    特定疾病入院給付金
    約款所定の特定疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)の治療を目的として入院した場合にお支払いします。

    災害入院給付金の通算支払限度は1,095日です。
    疾病入院給付金の通算支払限度は、特定疾病入院給付金とあわせて1,095日です。
    特定疾病入院給付金の通算支払限度は、疾病入院給付金とあわせて1,095日です。
    災害入院給付金・疾病入院給付金・特定疾病入院給付金の支払事由が重複して発生した場合は、災害入院給付金・特定疾病入院給付金・疾病入院給付金の順に優先してお支払いし、重複してお支払いしません。

  3. 充実の手術保障
    公的医療保険制度の手術料の算定対象となる所定の手術などを受けられた場合、手術給付金をお支払いします。

  4. 放射線治療も保障
    所定の放射線治療を受けられた場合、放射線治療給付金をお支払いします。
    放射線治療給付金の支払対象となる先進医療とは、受療した時点において、厚生労働大臣が定める先進医療に該当し、厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所で受療したものに限ります。

法人契約の場合、支払った保険料の経理処理は払込方法によって異なります。
  • 有期型(全期払)/終身型(終身払)
    支払保険料は一定要件のもと、全額損金算入します。
    【国税庁法令解釈通達 平成24年4月27日課法2-3、課審5-5】
  • 終身型(短期払)
    支払保険料は全額資産計上します。

Mタイプは、加入条件や解約時期によって保険料払込期間満了後に払込総保険料以上の解約払戻金があるため、掛捨てに近い性格を前提とした通達とは異なる取扱とし、資産計上として案内しています。
(実際の経理処理にあたっては、担当の税理士または所管の税務署などの関連機関に確認ください。)

(注) 記載の税務取扱は平成29年4月現在の税制に基づくものです。
今後、税務の取扱が変わる場合もあり、将来を保証するものではありません。

この保険には、死亡保険金・高度障がい保険金・満期保険金・配当金・保険料払込期間中の解約払戻金はありません。


このホームページは、平成29年4月現在の商品内容に基づき記載しており、将来変更となることがあります。
ご検討・ご契約にあたっては、「設計書[契約概要]」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」を必ずご覧ください。
H-28-1012①(平成29年3月3日)

資料請求(保険商品)

ページの先頭に戻る▲