このページの本文へ移動

メニュー

平成30年7月豪雨により被害を受けられたみなさまへ (災害救助法適用地域の特別お取扱い・専用ダイヤルのご案内)

このたびの「平成30年7月豪雨」により被害を受けられたみなさまに心よりお見舞い申しあげます。
一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。

当社では、このたび被災されたご契約者さまには、お申出いただければ次のようなお取扱いをいたします。
詳しくは、以下の「被災されたお客さま専用番号」にご連絡ください。

1.保険料のお払込猶予期間の延長

保険料をお払込中のご契約で、このたびの災害による影響で保険料のお払込が困難な場合、保険料のお払込を猶予する期間を平成31年1月31日まで延長いたします。

2.保険金・給付金、契約者貸付金等の簡易迅速なお支払い

お手続きに必要な書類を一部省略するなどにより、簡易迅速なお取扱いをいたします。

3.契約更新手続き期間の延長

更新日が到来する個人保険のご契約で、このたびの災害による影響で契約更新のお手続きが困難な場合、お手続きの期限を平成31年1月31日まで延長いたします。

4.契約者貸付(新規貸付)のお取扱い

新規の契約者貸付(新規貸付)の利率引き下げによる利息免除の対応をいたします。

対象契約者 災害救助法適用地域(※1)の被災のご契約者さま
金利 年利 0.0%

上記金利
適用金額

契約者貸付限度額まで

上記金利
適用期間
(※2)

平成31年1月31日まで

受付期間
(※2)

平成30年9月30日まで

(※1)「平成30年7月豪雨」に係る災害救助法の適用地域。
(※2)平成30年7月5日から遡及して適用いたします。

5.入院給付金のお支払いに関するお取扱い

次のような場合でも、入院給付金をお支払いいたします。

① 被災後ただちに入院ができなかった場合

このたびの災害により、入院治療が必要なケガをされたものの、被災地等の事情により、ただちに入院することができず、一定期間経過後に入院された場合は、お申出いただくことにより、ケガをされた日からご入院されたものとして入院給付金をお支払いいたします。

② 必要な入院治療を受けられなかった場合(退院せざるをえなかった場合)

引き続き入院治療が必要であったにもかかわらず、被災地等の事情により、当初の予定より早く退院し、ご自宅、避難所または臨時施設等で療養された場合には、本来必要な入院期間について医師の証明書等をご提出いただくことにより、当該期間についてもご入院されたものとして入院給付金をお支払いいたします。

③ 医療施設に入院できなかった場合

入院治療が必要であったにもかかわらず、被災地等の事情により入院できず、自宅、避難所または臨時施設等で療養された場合には、本来必要な入院期間について医師の証明書等をご提出いただくことにより、当該期間についてもご入院されたものとして入院給付金をお支払いいたします。



大同生命コールセンター
≪被災されたお客さま専用番号≫
0120-901-367(通話料無料)
オペレータによる受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

≪ご契約のご照会・お手続の番号≫
0120-789-501(通話料無料)
オペレータによる受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

※プライバシー保護のため、お問い合わせは契約者様ご本人、またはご家族登録制度に登録されたご家族よりお願いいたします。