このページの本文へ移動

メニュー

会社みんなでKENCO+

当社は、「健康経営®」の実現をサポートするための保険商品、健康増進型保険「会社みんなでKENCO+」を2022年1月に発売しました。

健康経営の効果

従業員の健康が生産性向上にもつながり業績も向上

健康経営と企業業績の関係

業種内において、健康経営を推進した企業の利益率が相対的に高いか低いかを把握する指数業績

従業員の活力UPや組織活性化をもたらし離職率を抑える

全国の企業と健康経営実施企業の
離職率業績

出典:経済産業省ヘルスケア産業課「健康経営の推進について(令和3年10月)」/大同生命にてグラフ作成

会社がかかえている課題や実態

健康経営は実践したいけど、
取組み方がわからない…

健康経営の実践が必要と考える一方で、
ノウハウ・人材・予算面の不足など
課題
があると回答した企業が

約8割

出典:経済産業省「平成27年度 健康寿命延伸産業創出推進事業実施支援調査報告書」

従業員の健康に気を配っていても…

直近1年間にがんに罹患した
従業員
がいる企業は

5社に1社

出典:がん対策推進企業アクション「平成27年度 がん患者の就労支援の実態調査」/従業員299名以下の中小企業にて「1年間にがんと診断された従業員がいる」と回答した会社数

商品内容と特長

会社みんなでKENCO+
予防そなえ
を兼ねそなえた新しい保険です。

予防

一般的な健康経営の取組み 健康診断、働き方、食生活、運動機会、感染症予防、メンタルヘルス

このような取組みをサポートするのが
大同生命の「KENCO SUPPORT PROGRAM」(以降KSP)です。

KENCO SUPPORT PROGRAM

そなえ

がんの罹患などで働けない状態となり従業員が退職した場合、
企業の負担は大きなものに…。

【勤務25年(43歳)】自己都合退職の退職金平均 407万円+【採用にかかる平均費用】年収400万円で1名採用した場合 112万円
519万円 さまざまな「まさか」にそなえ

※1出典:東京産業労働局「中小企業の賃金・退職金事情(令和2年版)」/従業員10人以上300人未満の企業/数値は切り捨て表示

※2出典:厚生労働省「職業紹介事業に関するアンケート調査

3つの特長

そなえ

死亡・高度障がい・身体障がい・重大疾病など、さまざまなリスクに幅広く、低廉な保険料で保障!

お客さまのニーズに合わせた、保険期間が異なる年満期と歳満期の2種類をご用意!

予防

KSPと健康増進特典で、楽しみながら健康経営に取り組める!

  • 契約者向け特典:歩数基準達成で、翌保険年度の保険料を割引
  • 被保険者向け特典:歩数基準達成と健診表登録で、健康グッズなどと交換可能なKENCO応援ポイントを付与
会社みんなで加入

会社みんなで加入しやすいよう、いつでも、どこでも、お客さまのパソコン・スマホから非対面で申込手続きが可能!
さらに、みんなで加入しやすい当商品専用の「引受基準」を導入!

  • 「健康経営®」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。
  • 「会社みんなでKENCO+」の正式名称は、無配当年満期重度就業不能保障定期保険(無解約払戻金型)と無配当歳満期重度就業不能保障定期保険(解約払戻金抑制割合指定型)です。
  • この保険は、死亡保険金と重度就業不能保険金は重複してお支払いしません。またいずれかをお支払いした場合、契約は消滅します。
  • 主契約のがん(悪性新生物)に対する保障は「ステージⅢ・Ⅳ期」「特定癌」に限定しています。(「ステージ分類のない悪性新生物のうち予後が悪いとされているもの」または「他の臓器に転移・再発したもの」を「特定癌」として約款に定めています。)
  • 「がんの給付責任開始の日」は、「がん以外の給付責任開始の日」から90日経過した日の翌日です。
  • この保険にはJワイド特約が必ず付加されます。この特約の正式名称は、無配当重大疾病治療給付特約(上皮内・皮膚癌保障付無解約払戻金型)です。この特約には、高度障がい保険金・死亡給付金・解約払戻金・満期保険金・配当金はありません。この特約は特約単独での減額の取扱いはありません。主契約保険金額を減額した場合に、特約の給付金額も自動減額されます。
  • この保険は、法人・個人事業主向けとなっており、個人でのお取扱いはできません。
  • 無配当年満期重度就業不能保障定期保険(無解約払戻金型)は、解約払戻金・満期保険金・配当金はありません。また、更新後の保険料は更新時の被保険者の年齢や保険料率で計算され更新前に比べて通常高くなります。
  • 無配当歳満期重度就業不能保障定期保険(解約払戻金抑制割合指定型)は、満期保険金・配当金はありません。また、解約払戻金・保険料は、契約時に指定する解約払戻金抑制割合(0~100%)に応じて決定されます。100%に指定した場合、解約払戻金はゼロとなり、保険料は最も安くなります。0%に指定した場合、解約払戻金・保険料ともに最も高くなります。
    解約払戻金抑制割合は契約時にのみ指定可能で、保険期間中に変更することはできません。解約払戻金は保険期間の経過に応じて一定期間は増加しますが、保険期間の満了が近づくにつれ減少し、満了時にはゼロになります。また、解約払戻金はほとんどの場合、払込総保険料を下回ります。
  • この保険には、健康増進特則が必ず適用されます。この特則の正式名称は、健康増進特則(保険料割引・歩数連動型)です。この特則の保険期間は1年で、1年ごとに当社の判断により手続き不要で再適用します。また、当社の判断により再適用しない場合や、保険料割引率を変更して再適用する場合があります。この特則は解約できません。
  • この保険は、所定期間における被保険者の1日あたりの平均歩数が「8,000歩以上」を達成した場合、翌保険年度の保険料を割り引きます。そのため、加入1年目は保険料の割引がありません。
  • 「KENCO SUPPORT PROGRAM(以降KSP)」は大同生命との提携により株式会社バリューHRが提供するサービスです。この保険のご加入にあたって、契約者・被保険者いずれもKSPへの申込・会員登録が必須となります。なお、所定の期限までに登録いただけなかった場合、契約は無効となります。また、この保険期間中はKSPの解約はできません。

このホームページには保険商品の内容のすべてが記載されているものではありませんので、あくまでも参考情報としてご覧ください。
このホームページは、2022年1月現在の商品内容に基づき記載しており、将来変更となることがあります。
ご検討・ご契約にあたっては、「法人向け保険商品のご検討に際してご留意いただきたいこと」「設計書[契約概要]」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」を必ずご覧ください。

H-2021-0039(2022年3月9日)