このページの本文へ移動

メニュー

定期保険 Dタイプ(保険料逓減型)

法人契約
個人契約
契約年齢:25~75歳(保険期間などにより異なります)

無配当逓減定期保険(保険料逓減・無解約払戻金型)

毎年一定割合ずつ、保険金額・保険料が減少するタイプの保険です。必要な時期にあわせた保険期間の設定が可能です。

商品の内容

1.保険金額が毎年減少するタイプの保険

必要な金額を合理的に確保できます。
死亡または約款所定の高度障がい状態になられたときに保険金をお支払します。
また、不慮の事故による所定の身体障がい状態になられたときは、以後の保険料の払込が不要です。

死亡・高度障がい保険金は、ご契約後2年目から毎年、基本保険金額に対し「基本保険金額÷保険期間」ずつ最終年度まで減少します。

2.期間の経過に応じて保険料負担も減少

ご契約後2年目から毎年減少します。

3.必要な時期にあわせた保険期間の設定が可能

最短5年から1年単位で設定できます。

法人契約の場合、支払った保険料は一定要件のもと、全額を損金に算入することができます。
【法人税基本通達9-3-5、国税庁見解による】
現行の法人税基本通達には、無配当逓減定期保険(保険料逓減・無解約払戻金型)に関する規定はありませんので、上記のお取扱いについては平成30年4月現在の「解約返戻金のない定期保険の取扱い」を準用しています。

<しくみ図(イメージ)>

この商品のしくみ図です。しくみ図でご説明している内容については、テキストでご説明しております。
  • この保険には解約払戻金・満期保険金・配当金はありません。
  • 保険料は、ご契約後2年目から毎年減少します。保険料の計算方法については、「設計書[契約概要]」「ご契約のしおり」「約款」にてご確認ください。

このホームページは、平成30年4月現在の商品内容・税制に基づき記載しており、将来変更となることがあります。
ご検討・ご契約にあたっては、「設計書[契約概要]」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」を必ずご覧ください。

H-29-1076①(平成30年1月15日)

H-29-1077①(平成30年1月15日)

標準保障額シミュレーション

お客さまのご入力いただいた情報をもとに標準保障額(概算)を算定いたします。

ライフシミュレーション

生計の担い手(世帯主)が万一のときに残された家族がその後の生活を維持するために必要と考えられる資金「必要保障額」を、家族構成や教育プランなどをもとに算出します。

注意喚起情報・ご契約のしおり(全商品共通)を見る(PDF:3.9MB)ReadSpeaker読み上げる

約款(全商品共通)を見る(PDF:2.7MB)ReadSpeaker読み上げる

※平成30年4月2日現在

関連商品

介護収入保障保険 収入リリーフ

無配当介護収入保障保険(無解約払戻金型)

死亡、所定の高度障がい状態・要介護状態のいずれかに該当した場合、保険期間満了まで年金をお支払します。保険期間満了まで各年金の支払事由に該当しなかった場合、健康祝金をお支払します。

定期保険 Rタイプ

無配当年満期定期保険(無解約払戻金型)

死亡・所定の高度障がいに対する保障を目的としたシンプルな保険です。当面必要な保障を重視した更新型(5年・10年)です。

定期保険 Zタイプ

無配当定期保険(無解約払戻金型)

死亡・所定の高度障がいに対する保障を目的としたシンプルな保険です。必要な時期まで安心の長期保障(最長90歳)を確保できます。

定期保険 Dタイプ

無配当逓減定期保険

毎年一定割合ずつ、保険金額が減少するタイプの保険です。当面必要な保障を重視した更新型(5年)です。

定期保険 Lタイプ

無配当歳満期定期保険

最長100歳までの保障を確保できる保険です。経過年数に応じた解約払戻金があり、将来の資金需要に対応できます。

定期保険 Lタイプ(低解約払戻金型)

無配当歳満期定期保険(低解約払戻金型)

100歳までの保障を確保できる保険です。低解約払戻金期間が終了した後に解約払戻金が増加し、将来の資金需要に対応できます。

新逓増50

無配当逓増定期保険(初期低解約払戻金型)

逓増開始年度から一定期間、保険金額が増加するタイプの保険です。経過年数に応じた解約払戻金があり、将来の資金需要に対応できます。