働けなくなった場合にそなえる(重大疾病) | 保険加入をお考えの方へ(法人のお客さま) | 大同生命
このページの本文へ移動

メニュー

働けなくなった場合にそなえる

経営者の信用と手腕で経営が成り立っている場合、その力量は取引先や金融機関が企業の信用を判断するための重要な基準となります。そのため、経営者が中長期にわたり会社を離れる場合、取引先から取引条件の変更を求められるなど、売上に影響を及ぼすことが想定されます。

後継者の有無・資質・経営への関与度合いなどにより異なります。

リスクその1

経営者が療養・リハビリで会社を離れている間、売上が減少する

リスクその2

経営者が復帰した後も、当面は無理ができず経営が安定しない

リスクその3

資金繰りが悪化し、借入金返済や買掛金・手形決済などの負担が重くなる

重大疾病になった場合のリスク量

大同生命では、お亡くなりになった場合だけでなく重大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)の治療により、中長期にわたり会社を離れる場合の必要資金を算定することもおすすめしています。

標準保障額シミュレーション

お客さまのご入力いただいた情報をもとに標準保障額(概算)を算定いたします。

重大疾病になった場合のリスクをカバーする商品

重大疾病保障保険
Jタイプ(無解約払戻金・無死亡給付金型)

無配当重大疾病保障保険(無解約払戻金型)

契約年齢:15~70歳

法人契約
個人契約

<しくみ図(イメージ)>

重大疾病保障保険 Jタイプ(無解約払戻金・無死亡給付金型)のしくみ図です。しくみ図でご説明している内容については、商品の詳細ページにてテキストでご説明しております。 画像を拡大する

重大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)による所定の状態を保障する保険です。
当面必要な保障を重視した更新型(5年・10年)です。

重大疾病保障保険 Jタイプα

無配当重大疾病保障保険(解約払戻金抑制割合指定型)

契約年齢:15~70歳

法人契約
個人契約

<しくみ図(イメージ)>

重大疾病保障保険 Jタイプαのしくみ図です。しくみ図でご説明している内容については、商品の詳細ページにてテキストでご説明しております。 画像を拡大する

重大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)による所定の状態を保障する保険です。
「保険金額」「保険期間」の設定に加えて、解約払戻金抑制割合を指定することで「保険料・解約払戻金のバランス」を自在に設計できる保険です。

H-2019-1003①(2019年5月29日)