会社概要・沿革 | 企業情報 | 大同生命
このページの本文へ移動

メニュー

会社概要・沿革

会社概要

会社名 大同生命保険株式会社
英訳名 DAIDO LIFE INSURANCE COMPANY
法人番号 1120001101172
代表者の役職氏名 代表取締役社長 工藤 稔
本社所在地
大阪本社/
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1丁目2番1号
(大阪メトロ四ツ橋線肥後橋駅1-A出口すぐ)
TEL 06-6447-6111(代表)
地図別ウィンドウで開きます
東京本社/
〒103-6031
東京都中央区日本橋2丁目7番1号
(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線 日本橋駅 B6出口直結/
JR線 東京駅(八重洲北口)より徒歩8分)
TEL 03-3272-6777(代表)
地図別ウィンドウで開きます
従業員数 内務職員3,100名 営業職員3,746名(2020年3月末現在)
設立年月日 昭和22年7月14日(相互会社としての法人設立日)
資本金 1,100億円
事業の内容 生命保険業など

沿革

1902年(明治35年)7月
「加島屋」が主体となって、朝日生命(旧社名真宗生命:1895年設立)、護国生命(1896年設立)、北海生命(1898年設立)の3社が合併、<加入者本位・堅実経営>を創業の精神として、大同生命保険株式会社を創業。社名は、「小異を捨てて大同につく」に由来。
1909年(明治42年)1月
本社を大阪市西区江戸堀に移転。
1925年(大正14年)6月
本社を大阪市西区土佐堀通1丁目1番地(現大阪本社所在地)に移転。
1947年(昭和22年)7月
大同生命保険相互会社として再発足。
1970年(昭和45年)6月
中国税理士協同組合における総合事業保障プランの取扱を開始。
以降、各地の税理士協同組合で同プランの取扱を開始。
1971年(昭和46年)4月
AIU(株)(現AIG損害保険(株))と業務提携。
6月
法人会の経営者大型総合保障制度の取扱を開始。
11月
納税協会の経営者大型総合保障制度の取扱を開始。

業界初の生損保セット商品、業界初の最高保障額1億円を実現。

1972年(昭和47年)10月
本社を大阪府吹田市江坂町1丁目23番101号に移転。
1973年(昭和48年)11月
日本システム収納(株)を設立。
生命保険業界最大の保険料収納ネットワークを構築。
1974年(昭和49年)5月
(財)大同生命厚生事業団(現(公財)大同生命厚生事業団)を設立。
7月
TKC全国会と業務提携。
1976年(昭和51年)3月
TKC企業防衛制度の取扱を開始。
1985年(昭和60年)3月
(財)大同生命国際文化基金(現(公財)大同生命国際文化基金)を設立。
1986年(昭和61年)3月
大同生命投資顧問(株)を設立。
1992年(平成4年)11月
第1回全国知的障害者スポーツ大会「ゆうあいピック東京大会」に特別協賛、以降毎年協賛。(2001年以降は「全国身体障害者スポーツ大会」と統合した「全国障害者スポーツ大会」に特別協賛)
1993年(平成5年)10月
大阪本社を大阪市西区江戸堀1丁目2番1号に移転。
1996年(平成8年)7月
基金の総額を350億円に増額。
1999年(平成11年)1月
太陽生命保険(相)(現太陽生命保険(株))との全面的業務提携を発表。
(同年6月、グループ名称を「T&D保険グループ」に決定)
10月
大同生命投資顧問(株)と太陽ライフガンマ投資顧問(株)を合併。商号をT&D太陽大同投資顧問(株)(現T&Dアセットマネジメント(株))に変更。
2001年(平成13年)10月
システム業務を太陽情報産業(株)(T&D情報システム(株)に商号変更)に移管し、太陽生命保険(相)(現太陽生命保険(株))とシステム部門を統合。
10月
東京生命保険(相)を関連会社化。商号をT&Dフィナンシャル生命保険(株)に変更。
2002年(平成14年)4月
相互会社から株式会社に組織変更。(資本金750億円)
東京証券取引所市場第一部および大阪証券取引所(現 大阪取引所)市場第一部に上場。
7月
大同ライフ投信(株)とT&D太陽大同投資顧問(株)を合併。商号をT&Dアセットマネジメント(株)に変更。
7月
創業100周年。「中小企業との共生」、「社会・地域との共生」という基本方針に基づき、記念事業を展開。
8月
大同生命リース(株)のリース事業を太陽生命リース(株)に統合。商号をT&D太陽大同リース(株)(現T&Dリース(株))に変更。
2004年(平成16年)3月
東京証券取引所および大阪証券取引所(現 大阪取引所)の株式の上場を廃止。
4月
(株)T&Dホールディングスを設立し、大同生命保険(株)、太陽生命保険(株)およびT&Dフィナンシャル生命保険(株)を子会社とする経営統合を実施。設立と同時に、(株)T&Dホールディングスは、東京証券取引所市場第一部および大阪証券取引所(当時)市場第一部に株式を上場。
4月
大同生命カスタマーサービス(株)と、太陽生命オフィスサポート(株)を合併。商号をT&Dカスタマーサービス(株)に変更。
12月
「2004年度(第4回)ポーター賞」を受賞。
2006年(平成18年)7月
東京本社を東京都港区海岸1丁目2番3号に移転。
当社、(株)T&Dホールディングス、太陽生命保険(株)およびT&Dフィナンシャル生命保険(株)の本社部門等を集約。
2007年(平成19年)3月
T&Dアセットマネジメント(株)の株式を(株)T&Dホールディングスに譲渡。
(株)T&Dホールディングスが直接子会社化。
2009年(平成21年)3月
(株)T&Dホールディングスの100%出資により、700億円の資本増強を実施。
(資本金1,100億円、資本準備金350億円)
2011年(平成23年)4月
AIU保険会社(現AIG損害保険(株))の代理店業務を開始。同時に、AIU保険会社も当社の代理店業務を開始。
2013年(平成25年)9月
アメリカンファミリー生命保険(現アフラック)と、法人会の会員向け「福利厚生制度」におけるがん保険の販売に関し業務提携。(12月より、アフラックの代理店としてがん保険を販売開始。)
12月
ドイツの上場保険グループ「ニュルンベルガー社」へ出資するとともに、同社と協働協定を締結。
2015年(平成27年)3月
当社の営業職員組織で太陽生命のこども保険「わくわくポッケ」を、太陽生命の営業職員組織で当社の定期保険「Lタイプ」を取扱う、商品の相互供給・販売「クロスセル」を開始。
12月
東京本社を東京都中央区日本橋2丁目7番1号に移転。
2016年(平成28年)9月
人々の健康で豊かな社会づくりへの貢献を目的に、CYBERDYNE(株)と業務提携契約を締結。
2018年(平成29年)6月
豪州の生命保険グループ「インテグリティ社」へ出資するとともに、同社と協働協定を締結。
10月
相続・事業承継分野および中小企業の経営課題解決支援において、りそな銀行と業務提携を開始。
2020年(令和2年)3月
りそなグループの埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループの関西みらい銀行およびみなと銀行と、相続・事業承継分野における業務提携を開始。