このページの本文へ移動

メニュー

中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」 2020年9月度レポート

個別テーマ:事業承継と後継者育成

調査結果のポイント

中小企業における事業承継の重要性が高まるなか、コロナ禍を踏まえた、事業承継の意向や後継者育成の現状および課題について調査しました。(調査期間:9月1日~9月28日)

9月度の業況DIは、▲37.7ptと低い水準で推移する一方、将来DIは▲5.4ptと改善し、新型コロナウイルスの感染が深刻化する前と同水準まで回復しつつあり、景気の先行きへの期待が高まっていることがうかがえます。

事業承継の意向では、「事業承継したい」が58%となり、2019年1月調査と比較すると15pt減少しました。

新型コロナウイルス感染拡大により、事業承継の考え方や方向性の「心境に変化があった」は16%となり、その具体的内容は、「事業承継の時期を延期したい」が32%と最も多くなりました。事業承継の意向についても、新型コロナウイルス感染拡大による事業の先行き不透明感が影響していることがうかがえます。