このページの本文へ移動

メニュー

コロナ禍における事業承継
中小企業経営者アンケート調査「大同生命サーベイ」

2021年8月度レポート

調査結果のポイント

中小企業における事業承継の重要性が高まるなか、コロナ禍を踏まえた「事業承継の現状や課題」について調査しました。

  • 事業承継の意向は、「事業承継したい」が64%となりました。コロナ禍前の前々回調査(2019年1月)からは9ptの減少となっているものの、前回調査(2020年9月)から6pt増加しました。
  • 事業承継したい理由は、「従業員の雇用を守りたい」が61%と最も多く、次いで「取引先との関係を維持したい」(41%)、「技術・ノウハウを承継したい」(35%)となりました。
  • 事業承継にあたっての課題・不安は、「後継者の育成」が39%と最も多く、次いで「後継者の選定・確保」(28%)となりました。

景況感

現在の業況と将来の見通しの推移

2020年3月は新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ調査を中止しました。