このページの本文へ移動

メニュー

責任ある機関投資家としての取組み

社会性・公共性の高い生命保険業を事業の中心とする私たちにとって、機関投資家としての社会的責任を果たし、投融資活動を通じて持続可能な社会の実現に貢献することは、最も基本的な責務のひとつです。
このような考えのもと、当社は「責任投資原則(PRI)」の署名企業として、同原則を踏まえた資産運用に取り組んでいます。
また、責任ある投資家として、スチュワードシップ責任を果たすため、「日本版スチュワードシップ・コード」の趣旨に賛同し、これを受け入れています。