このページの本文へ移動

メニュー

当社が賛同・支持するイニシアティブ

21世紀金融行動原則

当社は、「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」の趣旨に賛同し、署名しています。本原則は、環境省の中央環境審議会の提言に基づき、幅広い金融機関が参加した「日本版環境金融行動原則起草委員会」により、持続可能な社会の形成のために必要な責任と役割を果たしたいと考える金融機関の行動指針として策定されたものです。

21世紀金融行動原則 ロゴ

21世紀金融行動原則

  1. 自らが果たすべき責任と役割を認識し、予防的アプローチの視点も踏まえ、それぞれの事業を通じ持続可能な社会の形成に向けた最善の取組みを推進する。
  2. 環境産業に代表される「持続可能な社会の形成に寄与する産業」の発展と競争力の向上に資する金融商品・サービスの開発・提供を通じ、持続可能なグローバル社会の形成に貢献する。
  3. 地域の振興と持続可能性の向上の視点に立ち、中小企業などの環境配慮や市民の環境意識の向上、災害への備えやコミュニティ活動をサポートする。
  4. 持続可能な社会の形成には、多様なステークホルダーが連携することが重要と認識し、かかる取組みに自ら参画するだけでなく主体的な役割を担うよう努める。
  5. 環境関連法規の遵守にとどまらず、省資源・省エネルギー等の環境負荷の軽減に積極的に取り組み、サプライヤーにも働き掛けるように努める。
  6. 社会の持続可能性を高める活動が経営的な課題であると認識するとともに、取組みの情報開示に努める。
  7. 上記の取組みを日常業務において積極的に実践するために、環境や社会の問題に対する自社の役職員の意識向上を図る。

国連グローバル・コンパクト(T&D保険グループとして参加)

国連グローバル・コンパクトは、企業が社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自発的な取組みです。
国連グローバル・コンパクトが提唱する、「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」に関する10原則に賛同し、T&Dホールディングスがグループを代表して署名・参加しています。

国連グローバル・コンパクト ロゴ

国連グローバル・コンパクトの10原則

人権 原則1 
企業は、国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重し、
原則2 
自らが人権侵害に加担しないことを明確にすべきである。
労働 原則3 
企業は、組合結成の自由と団体交渉の権利の実効的な承認を支持し、
原則4 
あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持し、
原則5 
児童労働の実効的な廃止を支持し、
原則6 
雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである。
環境 原則7 
企業は環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、
原則8 
環境に関するより大きな責任を率先して引き受け、
原則9 
環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである。
腐敗防止 原則10 
企業は、強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである。

責任投資原則(PRI)

当社は、責任投資原則(PRI)の趣旨に賛同し、署名しています。PRI(Principles for Responsible Investment)は、国連が金融業界に対して提唱した、機関投資家などに対して、ESG(環境・社会・企業統治)の課題を考慮した投資行動を促す、世界共通の行動規範です。
当社では、PRIの実践を通じて、責任ある機関投資家としての責務を果たし、持続可能な社会の形成に一層貢献できるよう、努めています。

PRI ロゴ

PRIの6原則

  1. 私たちは、投資分析と意思決定のプロセスにESGの課題を組み込みます。
  2. 私たちは、活動的な所有者になり、所有方針と所有慣習にESG問題を組み入れます。
  3. 私たちは、投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます。
  4. 私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるように働きかけを行います。
  5. 私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します。
  6. 私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。