このページの本文へ移動

メニュー

社会貢献活動

「全国障害者スポーツ大会」への特別協賛

全国障害者スポーツ大会

大同生命は、創業90周年の1992年に開催された第1回「全国知的障害者スポーツ大会(ゆうあいピック)」より、毎年、「全国障害者スポーツ大会」に特別協賛しています。

この大会は、「障がいのある選手が、競技などを通じ、スポーツの楽しさを体験するとともに、国民の障がいに対する理解を深め、障がい者の社会参加の推進に寄与すること」を目的として開催される国内最大の障がい者スポーツの祭典です。

大会では、参加選手などとの交流の場である「ふれあい広場」に「大同生命ブース」を毎年設置し、大同生命をはじめ、太陽生命や関連団体などの役職員がボランティアとして活動しています。
これまでに、のべ1万1千人を超える役職員等がボランティアとして大会に参加するなど、全社を挙げて「障がい者スポーツの支援」に取組んでいます。

「全国知的障害者スポーツ大会」は、2001年に「全国身体障害者スポーツ大会」と統合され、「全国障害者スポーツ大会」として開催されるようになりました。

日本障がい者スポーツ協会とオフィシャルパートナー契約

大同生命は、日本障がい者スポーツ協会(JPSA)のオフィシャルパートナーです

2015年1月に、日本障がい者スポーツ協会とオフィシャルパートナー契約を締結しました。
「国際大会への出場をめざす日本選手の育成・強化」や「地域における障がい者スポーツの普及・振興」などを積極的にサポートし、障がい者スポーツのより一層の普及・発展に貢献してまいります。

寄付による大学等でのオープン講座

寄付による大学等でのオープン講座

当社は、2002年の創業100周年を機に、毎年、寄付による大学等でのオープン講座を開催しています。本講座は、理論と実践を織り交ぜた講義テーマを設定し、中小企業経営者・後継者や地域のみなさまに経営・ビジネス等に係わる知識・スキルの習得の場をご提供するものです。これまで受講された皆さまからは大変ご好評いただいており、過去18年間の累計受講者数は、15,000人以上に達しています。

2020年度の講座

「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞への協賛

「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 表彰式・講演会

当大賞(運営:人を大切にする経営学会)は、「人を幸せにする経営」により、社会的責任を果たす中小企業等を表彰するものです。
表彰にあたっては、「従業員とその家族」「外注先・仕入先」「お客さま」「地域社会」「株主」をはじめ、「組織にかかわるすべての人」をいかに大切にしているかが重視されています。
当社は、当大賞の趣旨に大いに賛同するため、協賛者として参加しています。

ビッグハート・ネットワークによる寄付活動

2005年度より、社会貢献活動の一環として、法人会・納税協会会員のみなさまから企業経営者をご紹介いただき、「経営者大型総合保障制度」にご加入いただいた際に、その収益の一部を寄付する活動「ビッグハート・ネットワーク」を実施しています。2019年度は、東日本大震災被災地の各自治体(岩手・宮城・福島各県の市町村等)、平成28年熊本地震被災地の各自治体(熊本県の市町村)、平成30年7月豪雨被災地の各自治体(広島県・岡山県)、大阪府がん対策基金および、近畿地区の社会福祉協議会への寄付を実施しています。

役職員による社会貢献活動

大同生命社会貢献の会

障がい者一日外出支援ボランティア活動

1992年に役職員による自主的な企業市民活動組織として「大同生命社会貢献の会」が設立され、募金・寄付活動やボランティア活動への参加・支援などに取組んでいます。役職員から寄せられた募金やチャリティーカレンダー展などによる収益金は、東日本大震災および熊本地震で被災された障がい者施設や社会貢献活動支援団体などへの寄付金として活用しています。
また、ボランティア休暇制度を利用して日ごろ外出機会の少ない障がい者の方々の外出を支援する「障がい者一日外出支援ボランティア活動」を1994年から実施しています。会話や食事、車椅子・歩行介護など、障がい者の方々と直接ふれあうことを通じて障がいに対する理解を深めています。

「障がい者一日外出支援ボランティア活動」の様子はこちら

みんなでGDH運動

みんなでGDH運動

2017年度より、地域・社会への貢献活動の一環として、全社をあげて「みんなでGDH運動」を実施しています。この運動では、全国の支社・本社の各部門が、それぞれ創意工夫して、地域に密着した清掃活動や障がい者への支援活動、途上国への寄付など、さまざまな活動に取り組んでいます。

GDH(Gross Daido Happiness)とは「大同生命に関係するすべてのステークホルダーの満足度」のこと

劇団四季「こころの劇場」への特別協賛

劇団四季「こころの劇場」

撮影:阿部章仁

2018年度より、日本の未来を担う子どもたちに感動をお届けするため、劇団四季と一般財団法人舞台芸術センターが主催(後援:文化庁)する社会貢献プロジェクト「こころの劇場」に、特別協賛をしています。演劇を通じて子どもたちの心に「生命の大切さ」「人を思いやる心」「信じあう喜び」など、生きていくうえで最も大切なことを伝えながら、こころ豊かな社会の実現を目指しています。