このページの本文へ移動

メニュー

制度概要

生命保険料控除制度とは、1年間のお払込保険料の金額に応じて、その年のご契約者様(保険料負担者)の所得から、所得税・住民税の計算上、一定の金額が差し引かれる制度です。

生命保険料控除証明書の見本

生命保険料控除証明書は「一般・介護医療用」と「年金用」の2種類があり、「ご契約内容のお知らせ」と同封してお届けしています(見本①)。
また、ご契約内容によっては、個別にハガキでお届けしているご契約もあります(見本②)。

年払のご契約で10月初旬までに保険料をお払込いただいていない契約等については、「生命保険料控除証明予定額のご案内」をお届けしています(見本③)。保険料お払込み後にあらためて生命保険料控除証明書をお届けしています。

<見本① 生命保険料控除証明書(封書)>

<見本② 生命保険料控除証明書(ハガキ)>

<見本③ 生命保険料控除証明予定額のご案内(ハガキ)>

保険料控除枠と控除限度額

各保険料控除枠と控除限度額は下表のとおりです。
保険料控除枠は、ご契約日によって下記のとおり区分されます。

旧制度
2011年(平成23年)12月31日以前のご契約
新制度
2012年(平成24年)1月1日以降のご契約
保険料控除枠
  • 一般生命保険料控除
  • 個人年金保険料控除
  • 一般生命保険料控除
  • 介護医療保険料控除
  • 個人年金保険料控除

2012年(平成24年)1月1日以降に、「主契約または特約の更新」「特約の中途付加」により、契約内容を変更された場合は、新制度の保険料控除が適用されます。

<保険料控除枠>

一般生命保険料控除 生存または死亡に起因して一定額の保険金、その他給付金を支払うことを約する部分に係る保険料※1
介護医療保険料控除 入院・通院・介護等にともなう給付金部分に係る保険料※2
個人年金保険料控除 税制適格特約を付加した個人年金保険契約に係る保険料

※1新制度では身体の傷害のみに起因して保険金が支払われるもの(災害割増特約等)は控除の対象外となります。

※2旧制度では一般生命保険料控除に含まれます。

<控除限度額>

旧制度・新制度の控除額を合算して申告する場合、新制度の限度額が適用されます。

控除額の計算方法

所得税の計算方法

<旧制度>
1年間のお払込保険料等 控除額
~25,000円 お払込保険料等の全額
25,001円~50,000円 お払込保険料等×1/2+12,500円
50,001円~100,000円 お払込保険料等×1/4+25,000円
100,001円~ 一律 50,000円
<新制度>
1年間のお払込保険料等 控除額
~20,000円 お払込保険料等の全額
20,001円~40,000円 お払込保険料等×1/2+10,000円
40,001円~80,000円 お払込保険料等×1/4+20,000円
80,001円~ 一律 40,000円

住民税の計算方法

<旧制度>
1年間のお払込保険料等 控除額
~15,000円 お払込保険料等の全額
15,001円~40,000円 お払込保険料等×1/2+7,500円
40,001円~70,000円 お払込保険料等×1/4+17,500円
70,001円~ 一律 35,000円
<新制度>
1年間のお払込保険料等 控除額
~12,000円 お払込保険料等の全額
12,001円~32,000円 お払込保険料等×1/2+6,000円
32,001円~56,000円 お払込保険料等×1/4+14,000円
56,001円~ 一律 28,000円

生命保険料控除制度に関するご案内に関するお問い合わせは

「控除証明書」照会窓口
0120-901-362

(通話料無料)

オペレータによる受付時間 9:00〜18:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)