このページの本文へ移動

メニュー

確定拠出年金運用関連運営管理業務に関する方針

この方針は、確定拠出年金法施行令第7条第3号に基き、当社がお客さまに確定拠出年金制度における運用の方法の選定および提示ならびに当該運用の方法に係る情報の提供に関する業務を行う場合の方法・配慮する事項などに関する方針です。

  1. お客さまの意向と実情を十分に把握し、適正な運用方法の選定・提示ならびに情報提供に努めます。
  2. 確定拠出年金制度や運用商品に関するご説明を行う際には、お客さまの誤解を招くような表示や説明は行ないません。また、お客さまに対し、社会的批判を招くような方法・場所・時間帯での活動は行ないません。
  3. 特に市場リスクを伴う運用商品のご説明にあたっては、お客さまが当該商品についての重要事項を正しくご理解いただけるように努めます。
  4. お客さまと直接対面しない手段・方法により当業務を行なう場合においては、説明方法などに工夫を凝らし、お客さまにご理解いただけるよう努めます。
  5. お客さまに関する情報を適正に管理し、プライバシー保護に努めます。
  6. 保険業法、確定拠出年金法その他関連法令などを遵守し、適正な業務運営が行なわれるよう内部管理体制の強化に努めます。

平成13年11月1日制定